忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、今日と練習に行ってきました。そのおかげで現在は『順調な仕上がり』てな感じです。昨日今日の練習で感じたのは、『目』と『右脇』。

『目』の方はボールとクラブヘッドが当たる瞬間を捉えられることができるか否かで、自分の調子が診断できるんじゃないかと。私に関してなんですけど、調子がいいときは手ごたえとインパクトの瞬間を見ることができれば、ボールの行き先は大体わかります。打った時に「アレ?どこいった?」となってると不調。「右行き過ぎ!!」って判断できれば、ホーム云々はさて置き、精神力と集中力それに動体視力の調子は悪くないってことです。これが私の中では「ボールをよく見ること」と位置づけました。

次は『右脇』ですが、スライサーの部長にとっては朗報です。打った球がスライスになるのにはいくつかの原因がありますが、一番オーソドックスなのはクラブヘッドがアウトインでボールにヒットしているか、クラブフェイスが右を向いているかじゃないでしょうか。後者は手首なり何なりで対応してもらって、今回は『右脇』を意識して、前者のアウトインヒットに対応したいと思います。

アウトインとは、外から内側に向けて打つことです。クラブヘッドがテイクバックの時点でボールの奥側(体から離れた位置)にあり、インパクトの後にボール手前(体に近い位置)に抜けて行きます。そのためボールは左から右に向けての回転が掛かり、空気抵抗をうけてスライスしていきます。単純ですが逆にインアウトだとフックが掛かります。

①クラブを持つ感じで両腕をゆったりと伸ばし、ヘッドを空に向けてるように構えてください。今手を合わせた位置がボールの位置です。

②まずアウトインに打つ感じを試してもらうために、テイクバックするイメージでピンと両腕を伸ばします。引っ張られる感じです。そうするとクラブヘッドは体から離れてボールより外側(アウト)になりますね。

③そこからボールを打つために、だんだんと手は体に近づいてボールに当たります。

④ヘッドは勢いをつけて体に急速に近づいて(イン)フィニッシュへと向かいます。

では、②からしっかりと右脇を締めて行ってください。そうすると①で手を合わせた位置よりヘッドが体から離れる(アウト)ことがなくテイクバックし、ボールに向かえます。このことから、右脇を締めることでスライスを解決できる可能性があるということです。わかりにくくて申し訳ないんですが、よかったら今度試行錯誤しながら試してください。ちなみに私コス@本はスライスとフックを打ち分けることが出来るようになりました。アウトインのスイングを使ってロブショットも打てます。意外と便利なアウトイン、インアウトの打ち方。ちょっと練習してみては?

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
> カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 人気ブログに挑戦
> 最新CM
(10/07)
(10/07)
(10/07)
(10/22)
(10/21)
> プロフィール
HN:
自信会
性別:
非公開
職業:
様々
趣味:
もちろん、ゴルフだよな?
自己紹介:
 2006年和歌山県に誕生した馴れ合いゴルフ部。まともに活動しているのは部長と管理人だけ。副部長は只今社会復帰中。「とにかく100をきらなきゃ話にならない」という部長が立てた目標に向けて、仕事の合間をみて練習中。現在は部長は120、副部長は130、管理人は140あたり。果たして100をきれる日が来るのだろうか? てか、ゴルフしてる暇があんのか? それでも、負けるな自信会! 頑張れ自信会!!
> ブログ内検索
> カウンター
> アクセス解析