忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吉野カントリーに行ってきました。前回部長、副部長、私、親父と行ったときは150オーバーを叩きだす猛打賞を受賞したのですが、今回はその雪辱を晴らすべく、夜な夜な素振りをし、近所から「サルや。プロゴルファー猿がおるでww」っと陰口をささやかれてたかどうかは知りませんが、黙々と練習しておりました。

その甲斐あって本番でも力を発揮。しかもキャビティではなくマッスルで。親父と親父のパートナーさんと私だったんですけど、168yd谷越えのショートホールではなんと残り3メートルのニアピン賞ゲット。バァディーを狙えたんですが、惜しくもパー。500ydのロングではドラコン。本番で230ydぐらいは飛ばせました。



で、気になる結果は…







驚くなかれ、














144  だったかな…

やっぱ猛打賞も獲っちゃいました。午前の前半が乱れまくり。いや、乱れ打ち。なんせ最初の3ホールで40ぐらいたたいちゃったからね。でも、気持ちは折れませんでした。そして、乱れませんでした。ここが一番成長を感じたところかな。自分のゴルフスタイルはスロースターターのようです。前半ではどうも調子がでません。今後メンタル面では立ち上がりの緊張をどうほぐすかと、引き続き挫けない忍耐力がキーのようです。

技術的にはドライバーとグリーン周辺。やっぱ前回の反省点と同じ(でもアイアンなら打てる自信が復活)。ドライバーは当たれば飛びますが、当たらなければどうということはないので、確実に200とは言わず180はOBにならない程度に打つこと。やっぱプレイ4はスコア的に相当かさばります。そして、ピンまで残り30ydぐらいを切ってからの、シャンク、ショート、イチローばりのレーザービームでガードバンカーのはしご。これらを防止したい。

最後になりましたが、今回のラウンドで感じたことは、コースに出ると方向性や距離感を見失ってしまうということです。吉野は山を削ったアップダウンのきついコースが多いうえ、解放的なコース、そして閉塞的なコースなど視覚的効果の影響でそういった感覚が狂わされます。正確な判断力を身につける必要もありそうです。

場をこなし、GDOの大会にも出場し一皮剥けた部長にはまだまだ届きませんが、私も場をこなすことなのかなと。コツコツやっていきます。今度一緒に回るときは、せめて部長には「コイツ…デキる!」と脅威を与えられるよう修行しておきます。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ドライバーは60ヤードも飛距離が伸び
先ずは、この上達法を実践されている方の声をお聞き下さい。 「飛距離が30ヤードも伸びた」 ゴルフって努力した分、報われるものだと思っていました。今まで相当練習していましたよ。ほんとに。だけど高橋さんの「スイング理論」が意図するものを理解した頃からその考えは逆転していきました。最近ドライバーを打つ度に自信が湧いてきます!ドライバーの平均飛距離が30ヤードも伸びました!平均して280Yは出るようになったのです。自分でも信じられない程の効果です。最近シングルも見えてきました。これか...
URL 2008/09/26(Fri)09:59:23
> カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 人気ブログに挑戦
> 最新CM
(10/07)
(10/07)
(10/07)
(10/22)
(10/21)
> プロフィール
HN:
自信会
性別:
非公開
職業:
様々
趣味:
もちろん、ゴルフだよな?
自己紹介:
 2006年和歌山県に誕生した馴れ合いゴルフ部。まともに活動しているのは部長と管理人だけ。副部長は只今社会復帰中。「とにかく100をきらなきゃ話にならない」という部長が立てた目標に向けて、仕事の合間をみて練習中。現在は部長は120、副部長は130、管理人は140あたり。果たして100をきれる日が来るのだろうか? てか、ゴルフしてる暇があんのか? それでも、負けるな自信会! 頑張れ自信会!!
> ブログ内検索
> カウンター
> アクセス解析